そこには私の「想い」がある。

数字から解を導いても、その中身に単純なものは一つとしてない。
この難題に立ち向かうためには、
お客様や仲間に対する「想い」が欠かせない。
それは「誰かのための・社会のための力になりたい。」という「想い」
自身の成長と新たな挑戦を続け、この「想い」を
同じくする仲間を求めています。

当社の働き方

我々は「会計」という領域を軸に、経営者に貢献する「プロフェッショナル集団」です。
適法性を軸に貢献する「税理士・会計士コース」と、有用性を軸に貢献する「財務会計コンサルタントコース」。
いずれもClientFirst(顧客第一主義)。どんな状況であれ、プロとして関わることが当社では求められます。
税理士・会計士はこちら
税理士・会計士
財務会計コンサルタントはこちら
財務会計コンサルタント

当社の今と未来

マイケル・オズボーン(オックスフォード大学)の予測で、あと10年でなくなる職業に会計事務所の仕事の一部はランクインされています。
常に同一の業務品質を保つためには、AI化やICT化は避けられません。
我々は、自身の作業効率を高め、さらなる付加価値をお客様に提供するために、各分野において日本トップクラスを目指しています。
創業当初から、常に顧客のニーズに応え続けるためには、上司部下の垣根は関係なく、常にチャレンジし続ける組織風土があります。

専門特化のプロフェッショナル集団

「税務会計」「財務会計」「管理会計」「国際税務」、会計の分野の中でもそれぞれに専門とする領域が異なります。会計全般の知識は、一定レベルまではジェネラリストとして、そこから先はさらに専門性を高めるプロフェッショナルへと歩みを進めます。

チャレンジできる組織風土

当社には、「若いから」、「経験がないから」といった言葉存在しません。どんなことでもチャレンジする気持ちがある者に機会が与えられます。当社のこれまでの商品開発の軌跡、それを実現するための「資格取得支援制度」、そして今後のAIやICTへの取り組みなどをご紹介します。

数字で見る日本経営ウィル税理士法人

経営をリードする立場として、わかりやすく当社を数字であらわしてみると・・・

当社の人材育成

当社が大事にしている人材育成の精神は「担雪埋井(たんせつまいせい)」。経営資源において大事なヒトについて、当社では創業当初より新卒採用を取り入れています。「財がなくても事業は続かず、事業なくては人は育たず」。人を育てるために、事業拡大を行い、財を成す。財を成すことはあくまで結果。世の中に求められる事業を提供し続けるためには、多様な人材が必要です。
充実した 教育・研修制度

充実した
教育・研修制度

徹底した社員教育。新卒からコンサルタントを育て上げる教育思想は、創業からの系譜です。
当社では、内定者から管理職まで研修制度が充実しています。

多様な
キャリアステップ

キャリアの語源はラテン語の「carrus」にあり、その後車輪の通った後(轍)を意味するようになりました。みなさんのキャリアはみなさんが通ったあとに形成されます。さて、みなさんはどのようなキャリアを描きますか。

若手社員が語る
日本経営ウィル税理士法人

若手社員が語る本音のところ。包み隠さず話せる環境があるのは、風通しのよい組織風土がなせる業かもしれません。


お問い合わせ

会計士・税理士・財務会計コンサルタントへの応募、採用・転職に関するお問い合わせはこちらからご連絡ください。