トップメッセージ -TOP MESSAGE-

私たちの舞台はアジア全域へ。
社員を“プロフェッショナル”に育て切る私たちだから
目指せる未来があります。

代表社員税理士 丹羽 修二

目標は、独立系税理士法人“アジアNo.1”

 私たち日本経営ウィル税理士法人は、独立系の税理士法人として日本最大級の規模を持つ組織です。この規模を活かし、お客様の成長・発展に向け総合的かつトップレベルの支援をご提供しています。企業などの組織は代々引き継がれ、成長・発展を続けていくことができるため、その歩みには限界がありません。私たちは、こうした永続的な成長・発展を可能とする「組織再編や事業承継対策」に特に精通したプロフェッショナル集団なのです。豊富な経験から紡ぎ出した高度な手法を駆使して、後継者が決まらないといったお困りごとを持つ多くのお客様の悩みに深く寄り添い、国境を超えた成長・発展を力強くサポートしています。
 全世界で活躍するお客様の成長・発展を支援し、「結果を出す」プロ集団として築き上げた信頼を海外へと広げ、まずはアジアNo.1の評価の獲得を目指しています。すでに展開は始まっており、ビジネスの舞台はアジア全域へ広がろうとしています。

全員例外なくプロフェッショナルの域に到達

 こうした、仕事の質の高さ、幅の広さに加え、私たちにはもう一つ、大きく誇ることのできる特長があります。それは、社員全員を、当社が考える“プロフェッショナル”に育て切る文化です。
 当社にとってのプロフェッショナルとは、単に税務、財務、会計の専門家という意味ではありません。専門家としての知識や能力を活かして、いかにお客様の成長・発展に貢献することができるか。それを実行できる人財こそがプロフェッショナルなのです。そのため、専門家としてのスキルを磨くのと同時に、プロとしての「人間力」である利他の心、倫理観などの教育にも真剣に取り組んでいます。たとえば、専門家としては常識的な判断であっても、お客様の経営、そして発展にとっては必ずしもプラスとならない場合、一度立ち止まってお客様のことを考え抜き、その想いや価値観に深く寄り添う。そして、数字の常識だけにとらわれることなくお客様にとって最も望ましい判断が下すことができる。それが、当社の社員なのです。