社員ブログ

Blog
コンサルタントや会計職(税理士・公認会計士・会計コンサルタント)を目指している学生のみなさん向けに、日本経営グループのリクルーターや採用担当者が、採用活動の舞台裏や就職活動に役立つ情報などを発信していきます。
catch-img

社員紹介 Part.1

まずは自己紹介から。
入社3年目の寺師大貴と申します。
宮崎県出身の弱冠25歳A型です。
中学の全校生徒はわずか40名というド田舎育ち。
趣味はアウトドア、映画、音楽に旅行です。
好きな食べ物は茶碗蒸しです。笑

前置きはこのあたりにして...。
社員紹介ということで、私の働く「病院財務事業部」について紹介させていただきます。

病院財務というだけあってクライアントは病院がほとんどで、全国を飛び回りながら仕事をします。
今の私の業務は大きく3つあります。

1つ目は税務会計。
会計事務所の最も基礎となる会計顧問のお客様に対する月次帳票の作成及び報告並びに申告業務です。会計顧問のお客様に対しては経営者の意思決定のため、迅速かつ正確な月次の情報が求められます。その情報提供のお手伝いをさせていただきます。

2つ目は管理会計。
病院全体での損益だけでなく、施設別、診療科別、病棟別に損益を分析することで、病院に利益または赤字を生み出している部門がどこにあるかを探るお手伝いをしております。管理会計を追求していくことでドクター別に損益を把握することもできます。

3つ目は財務会計。
一口に病院と言っても経営がうまくいっている病院だけではありません。再生支援の対象となる病院も少なくありません。日本経営のコンサル部門と協力し、窮境原因を探りながら未来の計画を作成し、取引先、金融機関と交渉を繰り返し、経営難を一緒に乗り越えるお手伝いをしております。

我々には簿記の知識だけではなく、金融、労務、税務等さまざまな知識が求められます。
複雑で難しい問題もたくさんあります。しかし、経営者の方々はその問題といつも戦っています。
経営者を1人にさせない。それが私たちの一番の使命なのかもしれません。

とは言ったものの...。
知識不足、経験不足から今の私ではまだまだ手に負えない仕事も山ほどあります。
そんな時に頼りになるのが上司、先輩です。日本経営にはあらゆる分野に特化した専門化がいます。
そして質問にいけば、根拠を示しながら懇切丁寧に質問に答えてくださる風土があります。
私もよく質問に飛び回ります。私のことを知らない他部門の方であっても決して煙たがることなく対応してくださいます。

少し話は遡りますが、就活をする際に私が軸にしていたことが3つあります。

  • 仕事を通じて「人の役に立つこと」
  • 仕事を通じて「自身が成長し続けられる環境があること」
  • 仕事を通じて「満足のできる給与が得られること」

人の役に立ちながら自身が成長し、その上で満足のいく給与がいただけたら、言うことはないですよね。笑
まずは、皆さんが就活をする上での軸を見つけてから、様々な企業を見るようにしてみてください。

最後に、日本経営にはさまざまな業務にチャレンジさせていただける風土があります。
今は医療に特化した部門におりますが、いつかは農業を中心にした仕事をしたいと考えています。
自分が貪欲に求めればいくらでもチャンスはやってきます。

皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。
何事も貪欲に!!!

お問い合わせ

会計士・税理士・財務会計コンサルタントへの応募、採用・転職に関するお問い合わせはこちらからご連絡ください。