社員ブログ

Blog
コンサルタントや会計職(税理士・公認会計士・会計コンサルタント)を目指している学生のみなさん向けに、日本経営グループのリクルーターや採用担当者が、採用活動の舞台裏や就職活動に役立つ情報などを発信していきます。
catch-img

会計業界で働く醍醐味

会計業界の仕事内容

会計業界とは?

 トータルソリューション事業部の近藤和也です。大阪出身で入社6年目となります。現在は一般企業の会計業務をメインで行っています。

会計業界の仕事は学生の皆さんが考えているものと、現実の仕事はいい意味でギャップがあると思います。税金計算や机に向かい電卓をたたいている人という印象を持っている方もいると思いますが、現実はもっと幅広く、将来の可能性を大きく秘めている業界だと思います。

私達のお客様は基本的に経営者の方々です。その方々の悩みに対して会計の視点を軸にして経営者のサポートをするのが会計業界の仕事です。

例えば、お客様のもとへ訪問し、 会計・税務的な観点から監査をして経営状態を説明し、今後の経営方針について打ち合わせをします。その中で経営計画や設備投資に関するアドバイスを行うことや、税務提案・M&A・相続対策を行っていきます。また、法定業務である決算処理と確定申告書の作成も行います。

また、会計については税務会計・財務会計・管理会計と大きく3種類あります。それぞれ大事なことであり意味を持っていますので、是非インターンシップに参加していただく中でその意味について理解し体験をしていただけたらと思います。

現在の私の仕事

現在は、税務・財務会計と併せて管理会計の業務にも取り組んでいます。お客様と未来の数字について一緒に夢を語り合い、会社の業績管理や意思決定に貢献できるように心がけて業務を行っています。誰でも知りたいのは昨日のことではなくて、明日のことだと思います。会計を軸にしているからこそ、根拠をもってお客様の明日と向き合うことができます。担当しているお客様の業績がよくなるように日々取り組んでいます。

また、将来は経営も分かる税理士になるために税理士試験の勉強をしています。仕事をしながら勉強をすることは大変ですが、お客様により貢献していくためにも日々努力をしています。税務の提案業務や相続申告等にも携わりながら自分の将来のイメージを高めています。

会計業界ならでは仕事の醍醐味

会計業界で働き甲斐とは?

やはり、お客様(経営者の方々)と誰よりも近い関係で会社の成長等を感じることできることです。経営者の方々は何かあったら一番に相談するのは、会計業界に携わる人だと思います。私達はお客様の財産状況まで把握することが可能です。例えば、学生の皆さんの財布の中身をしっている方は誰でしょうか。そんな方は、家族しかいないのではないでしょうか。会計業界はそれぐらい近い関係でお客様と関わることができる業界です。

また、今後AIに仕事を奪われる業界と言われることがありますが、逆だと思います。AIを活用することにより、将来性が高い業界だと私は考えます。働き方改革による労働時間の短縮や一人の専門家では限界があることについて、AIを活用することにより幅広い対応が可能になっていく面が多くあると思います。今後は業界として新しい仕事の醍醐味も生まれてくると思います。


私が仕事で体験した会計業界ならではの醍醐味

私の仕事の醍醐味について、11月13日に実際体験した話をしたいと思います。

私は毎月1回、中期5ヵ年計画セミナーを開催しています。その中では、経営者の方々に将来について熱く語っていただき、その思いを数字に落とし込み、行動計画まで考えていただきます。よくあるセミナーと違い、セミナーを聞くのではなくお客様が主体となりワークを行っていただくことを目的にしています。

今日は設計事務所の経営者とその右腕の方に参加して頂きました。

セミナーではまず現状分析を行い自社の強み・課題をお互いに確認して頂き、改めて自社について振り返る時間を取りました。就職活動でも同じだと思いますが、今後を考える中で自己を理解することは、個人でも会社でも非常に大事なことです。

現状分析が終わると次は5年後のありたい姿を考えていただきました。将来の売上・利益だけしか考えない会社が多いですが、ありたい姿(状態)を具体的に考えていただくことで白黒写真からカラー写真へ鮮明に近づけていきます。

最後にありたい姿と現状の差を埋めるために具体的な数値計画を作成していただきました。数字計画では社長が頭の中で描いていた計画を実際の数字に落とし込んでいただき、より計画を具体化していただきます。

参加された社長からは、「頭の中の考えを整理できました。5年後の目標を決めたことにより今やらなければならないことが明確になりました」とお言葉をいただきました。


社長の頭の中にある思いや考えを数字に落とし込み具体化させ、社長の経営の意思決定をサポートする。私はそれこそが仕事の醍醐味と考えます。今後はより多くのお客様に対して意思決定のサポートをし、お客様の成長・発展に貢献していきます。

お問い合わせ

会計士・税理士・財務会計コンサルタントへの応募、採用・転職に関するお問い合わせはこちらからご連絡ください。